見る人によってはお宝になる!切手の消印

郵便物に切手を貼って投函すると、引き受けた郵便局の職員が切手にかかるように消印を押します。こうすることでその切手が使用済みであることを示し、再利用できなくなります。また、その郵便物がどこで投函されたかもわかるわけです。その為、大抵は消印が押された切手はその時点で役割を終えたものと見なされます。 ただ、消印には様々な種類があり、ご当地限定だったり期限内でないと押してもらえないデザインのものもあります。世の中には切手収集を趣味にしている人たちがいますが、こういった消印を集めているマニアもいます。自分では見慣れた消印であっても、人によってはお金を出しても欲しいといったケースもあるので捨ててしまうのは惜しいです。自力でお金と時間をかけて集めて回るにも限界があるので、ネットオークション等に出すと喜ばれることがあります。 また、消印は旅の思い出にもなります。観光地の中には個性的なかたちをしているものもあるので、押してもらうことでいい記念になります。